量産終盤。

4月からスタートした今年の秋冬の量産製作も終盤に差し掛かっています。

ギャラリースペース作りと同時進行で、長かった様にも短かったようにも感じます。

これから次のコレクションの製作に入って行きますが、楽しみな反面やや気負いする部分もあります。

しかし、毎回コレクションを終了して感じることは、今回もやれて良かったという気持ちです。

今回からギャラリースペースでコレクションをお見せ出来ることもあって、ますます楽しみです。

出荷作業を着実に進めて行き、納品に備えて梱包一つ心を込めて行なっています。

早く納品出来る日を心待ちにしています。

作 / 齋藤